仕様一覧

※仕様は予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

汚泥脱水機

汚泥脱水機(日本専売製品)

脱水機搭載車(日本専売製品)

汚泥濃縮機

汚泥脱水機

GSシリーズ

原水・余剰汚泥・凝集沈殿汚泥 浮上フロス
汚泥濃度(TS) 0.2% 1.0% 2.0%
GS-101 ~3kg‐DS/h
(~1.5m3/h )
~4.5kg‐DS/h
(~0.45m3/h )
~7.5kg‐DS/h
(~0.37m3/h )
GS-131 ~6kg‐DS/h
(~3.0m3/h )
~9kg‐DS/h
(~0.9m3/h )
~15kg‐DS/h
(~0.75m3/h )
GS-132 ~12kg‐DS/h
(~6.0m3/h )
~18kg‐DS/h
(~1.8m3/h )
~30kg‐DS/h
(~1.5m3/h )
GS-201 ~13kg‐DS/h
(~6.5m3/h )
~20kg‐DS/h
(~2.0m3/h )
~33kg‐DS/h
(~1.67m3/h )
GS-202 ~26kg‐DS/h
(~13.0m3/h )
~40kg‐DS/h
(~4.0m3/h )
~66kg‐DS/h
(~3.3m3/h )
GS-301 ~30kg‐DS/h
(~15.0m3/h )
~45kg‐DS/h
(~4.5m3/h )
~75kg‐DS/h
(~3.75m3/h )
GS-302 ~60kg‐DS/h
(~30.0m3/h )
~90kg‐DS/h
(~9.0m3/h )
~150kg‐DS/h
(~7.5m3/h )
GS-303 ~90kg‐DS/h
(~45.0m3/h )
~135kg‐DS/h
(~13.5m3/h )
~225kg‐DS/h
(~11.25m3/h )
GS-351 ~60kg‐DS/h
(~30.0m3/h )
~90kg‐DS/h
(~9.0m3/h )
~150kg‐DS/h
(~7.5m3/h )
GS-352 ~120kg‐DS/h
(~60.0m3/h )
~180kg‐DS/h
(~18.0m3/h )
~300kg‐DS/h
(~15.0m3/h )
GS-353 ~180kg‐DS/h
(~90.0m3/h )
~270kg‐DS/h
(~27.0m3/h )
~450kg‐DS/h
(~22.5m3/h )
GS-354 ~240kg‐DS/h
(~120.0m3/h )
~360kg‐DS/h
(~36.0m3/h )
~600kg‐DS/h
(~30.0m3/h )
GS-401 ~80kg‐DS/h
(~40.0m3/h )
~120kg‐DS/h
(~12.0m3/h )
~190kg‐DS/h
(~9.5m3/h )
GS-402 ~160kg‐DS/h
(~80.0m3/h )
~240kg‐DS/h
(~24.0m3/h )
~380kg‐DS/h
(~19.0m3/h )
GS-403 ~240kg‐DS/h
(~120.0m3/h )
~360kg‐DS/h
(~36.0m3/h )
~570kg‐DS/h
(~28.5m3/h )
GS-404 ~320kg‐DS/h
(~160.0m3/h )
~480kg‐DS/h
(~48.0m3/h )
~760kg‐DS/h
(~38.0m3/h )
型式 機械寸法(mm) 総電力(kW) 重量(kg)
L W H 運転
GS-101 1900 1105 1440 0.4 330 530
GS-131 2045 1105 1440 0.4 340 540
GS-132 2045 1135 1440 0.5 390 600
GS-201 2485 1105 1440 0.5 500 720
GS-202 3165 1465 1855 1.35 1260 1885
GS-301 3765 1415 1855 1.35 1240 1890
GS-302 3985 1700 1855 1.75 1775 2775
GS-303 4165 2000 1855 2.15 2200 3480
GS-351 4500 1635 2250 2.45 2135 3105
GS-352 5180 1910 2255 5.95 4100 6730
GS-353 5430 2310 2255 7.45 5070 9220
GS-354 5580 2860 2255 8.95 6630 10700
GS-401 5871 1902 2250 4.45 3200 5730
GS-402 6170 2302 2250 5.95 4830 8700
GS-403 5690 3550 2250 10.4 8500 14500
GS-404 5690 3550 2250 11.9 9900 16100
※上記記載処理量は目安値です。汚泥性状によって異なりますので、機種選定の際には当社までお問い合わせください。
※上記記載処理量は脱水ケーキ含水率85%以下を基準としています。
※汚泥濃度に上限はありませんが、流動性があることが条件となります。
※浮上フロスの処理能力は、食肉加工工場等の油分の多く含まれた汚泥の場合です。
※GS-401~404は、2019年末発売開始予定です。
※GS-401~404の仕様は開発時のもので、発売後変更となる場合があります。

汚泥脱水機

FSシリーズ

原水・余剰汚泥・凝集沈殿汚泥 浮上フロス
汚泥濃度(TS) 0.2% 1.0% 2.0%
FS-101 ~2kg‐DS/h
(~1.0m3/h )
~3kg‐DS/h
(~0.3m3/h )
~5kg‐DS/h
(~0.25m3/h )
FS-131 ~4kg‐DS/h
(~2.0m3/h )
~6kg‐DS/h
(~0.6m3/h )
~10kg‐DS/h
(~0.5m3/h )
FS-132 ~8kg‐DS/h
(~4.0m3/h )
~12kg‐DS/h
(~1.2m3/h )
~20kg‐DS/h
(~1.0m3/h )
FS-201 ~8kg‐DS/h
(~4.0m3/h )
~12kg‐DS/h
(~1.2m3/h )
~20kg‐DS/h
(~1.0m3/h )
FS-202 ~16kg‐DS/h
(~8.0m3/h )
~24kg‐DS/h
(~2.4m3/h )
~40kg‐DS/h
(~2.0m3/h )
FS-301 ~20kg‐DS/h
(~10.0m3/h )
~30kg‐DS/h
(~3.0m3/h )
~50kg‐DS/h
(~2.5m3/h )
FS-302 ~40kg‐DS/h
(~20.0m3/h )
~60kg‐DS/h
(~6.0m3/h )
~100kg‐DS/h
(~5.0m3/h )
FS-351 ~40kg‐DS/h
(~20.0m3/h )
~60kg‐DS/h
(~6.0m3/h )
~100kg‐DS/h
(~5.0m3/h )
FS-352 ~80kg‐DS/h
(~40.0m3/h )
~120kg‐DS/h
(~12.0m3/h )
~200kg‐DS/h
(~10.0m3/h )
FS-401 ~65kg‐DS/h
(~32.5m3/h )
~100kg‐DS/h
(~10.0m3/h )
~160kg‐DS/h
(~8.0m3/h )
FS-402 ~130kg‐DS/h
(~65.0m3/h )
~200kg‐DS/h
(~20.0m3/h )
~320kg‐DS/h
(~16.0m3/h )
FS-403 ~195kg‐DS/h
(~97.5m3/h )
~300kg‐DS/h
(~30.0m3/h )
~480kg‐DS/h
(~24.0m3/h )
FS-404 ~260kg‐DS/h
(~130.0m3/h )
~400kg‐DS/h
(~40.0m3/h )
~640kg‐DS/h
(~32.0m3/h )
型式 機械寸法(mm) 総電力(kW) 重量(kg)
L W H 運転
FS-101 2131 911 1300 0.3 230 360
FS-131 2276 911 1300 0.3 240 370
FS-132 2361 1027 1300 0.4 320 510
FS-201 2806 1034 1450 0.4 430 620
FS-202 2876 1509 1205 1.0 890 1370
FS-301 3395 1150 1780 1.0 910 1325
FS-302 3890 1470 1844 1.4 1510 2270
FS-351 4114 1325 2250 2.1 1800 2550
FS-352 4775 1645 2250 3.95 2780 3960
FS-401 5700 1650 2250 2.45 2900 4820
FS-402 5900 2000 2250 4.9 5200 7320
FS-403 6500 2700 2250 6.7 7400 11800
FS-404 7000 3200 2250 9.0 8800 14400
※上記記載処理量は目安値です。汚泥性状によって異なりますので、機種選定の際には当社までお問い合わせください。
※上記記載処理量は脱水ケーキ含水率85%以下を基準としています。
※汚泥濃度に上限はありませんが、流動性があることが条件となります。
※浮上フロスの処理能力は、食肉加工工場等の油分の多く含まれた汚泥の場合です。
※FS-401~404は、2019年末発売開始予定です。
※FS-401~404の仕様は開発時のもので、発売後変更となる場合があります。
※上記は、薬品2液仕様です。1液仕様もございますので、詳細は当社までお問い合わせください。

汚泥脱水機

ECシリーズ

原水・余剰汚泥・凝集沈殿汚泥 浮上フロス
汚泥濃度(TS) 0.2% 1.0% 2.0%
EC-101 ~2kg‐DS/h
(~1.0m3/h)
~3kg‐DS/h
(~0.3m3/h)
~5kg‐DS/h
(~0.25m3/h)
EC-102 ~4kg‐DS/h
(~2.0m3/h)
~6kg‐DS/h
(~0.6m3/h)
~10kg‐DS/h
(~0.5m3/h)
EC-131 ~4kg‐DS/h
(~2.0m3/h)
~6kg‐DS/h
(~0.6m3/h)
~10kg‐DS/h
(~0.5m3/h)
EC-132 ~8kg‐DS/h
(~4.0m3/h)
~12kg‐DS/h
(~1.2m3/h)
~20kg‐DS/h
(~1.0m3/h)
EC-133 ~12kg‐DS/h
(~6.0m3/h)
~18kg‐DS/h
(~1.8m3/h)
~30kg‐DS/h
(~1.5m3/h)
EC-202 ~16kg‐DS/h
(~8.0m3/h)
~24kg‐DS/h
(~2.4m3/h)
~40kg‐DS/h
(~2.0m3/h)
EC-203 ~24kg‐DS/h
(~12m3/h)
~36kg‐DS/h
(~3.6m3/h)
~60kg‐DS/h
(~3.0m3/h)
EC-204 ~32kg‐DS/h
(~16m3/h)
~48kg‐DS/h
(~4.8m3/h)
~80kg‐DS/h
(~4.0m3/h)
EC-205 ~40kg‐DS/h
(~20m3/h)
~60kg‐DS/h
(~6.0m3/h)
~100kg‐DS/h
(~5.0m3/h)
型式 機械寸法(mm) 総電力(kW) 重量(kg)
L W H 運転
EC-101 1756 700 1540 0.65 250 650
EC-102 1756 900 1540 0.7 300 800
EC-131 1757 700 1540 0.7 265 665
EC-132 1757 900 1540 0.8 330 830
EC-133 1847 1100 1540 0.9 400 1050
EC-202 2485 1180 1728 1.45 850 1800
EC-203 2591 1470 1728 1.8 1055 2355
EC-204 2665 1780 1728 2.7 1450 3100
EC-205 2741 2085 1728 2.9 1800 3700
※上記記載処理量は目安値です。汚泥性状によって異なりますので、機種選定の際には当社までお問い合わせ下さい。
※上記記載処理量は脱水ケーキ含水率85%以下を基準としています。
※汚泥濃度に上限はありませんが、流動性があることが条件となります。
※浮上フロスの処理能力は、食肉加工工場等の油分の多く含まれた汚泥の場合です。

汚泥脱水機

ES-051

原水・余剰汚泥・凝集沈殿汚泥 浮上フロス
汚泥濃度(TS) 0.2% 1.0% 2.0%
ES-051 ~0.5kg‐DS/h
(~0.25m3/h)
~1kg‐DS/h
(~0.1m3/h)
~2kg‐DS/h
(~0.1m3/h)
型式 機械寸法(mm) 総電力(kW) 重量(kg)
L W H 運転
ES-051 1095 705 760 0.2 140 160
※上記記載処理量は目安値です。汚泥性状によって異なりますので、機種選定の際には当社までお問い合わせ下さい。
※上記記載処理量は脱水ケーキ含水率85%以下を基準としています。
※汚泥濃度に上限はありませんが、流動性があることが条件となります。
※浮上フロスの処理能力は、食肉加工工場等の油分の多く含まれた汚泥の場合です。

汚泥脱水機(日本専売製品)

MSシリーズ

<日本下水道事業団標準仕様>

型式 標準処理量
(kg-DS/h)
機械寸法(mm) 総電力(kW) 重量(kg)
L W H 運転
MS-201A 6~8 2650 1640 2320 1.915 930 2200
MS-202A 12~16 2650 1940 2320 2.115 1230 2700
MS-203A 18~24 2650 2240 2320 2.815 1530 3300
MS-204A 24~32 2750 2040 2320 3.665 2000 3500
MS-205A 30~40 2750 2340 2320 3.865 2300 4100
※処理量は汚泥濃度TS0.2%~0.4%の場合に、ポリ鉄と両性高分子凝集剤添加による
 脱水ケーキ含水率83%時の標準値です。
※上記記載処理量は目安値です。汚泥性状によって異なりますので、
 機種選定の際には当社までお問い合わせ下さい。

脱水機搭載車(日本専売製品)

MVシリーズ

型式 脱水機標準処理量 ベース車両 車体寸法 総電力(kW) 重量
L W H 運転
MV-1 ~20kg-DS/h
(~2.0m3/h)
積載量4tクラス
(車両総重量8t未満)
7200 2280 3300 3.5 3800 4500
MV-2 ~45kg-DS/h
(~4.5m3/h)
積載量8tクラス
(車両総重量11t未満)
8885 2280 3300 7.92 6400 7700
MV-3 ~90kg-DS/h
(~9.0m3/h)
8.87 6800 8500
【標準付帯品】脱水機、高分子凝集剤自動溶解装置、ポリ鉄注入装置、各種ポンプ類、脱水ケーキコンベア、発電機、電源ケーブル、ホース類。
※上記記載の脱水機標準処理量は目安値です。汚泥性状によって異なりますので、機種選定の際には当社までお問い合わせください。
※上記記載の脱水機標準処理量は汚泥濃度(TS)1.0%程度の余剰汚泥、凝集沈殿汚泥を対象としています。
※上記記載の脱水機標準処理量は脱水ケーキ含水率85%以下を基準としています。
●仕様一覧に記載されていない脱水機標準処理量、仕様及びベース車両につきましても個別で相談を承ります。詳細につきましては当社までお問い合わせください。

汚泥濃縮機

VTシリーズ

型式 標準処理量
(m3/h)
機械寸法(mm) 総電力(kW) 重量(kg)
L W H 運転
VT-101 ~1 1772 901 1031 0.3 160 290
VT-131 ~3 1772 901 1031 0.3 170 300
VT-201 ~10 2436 901 1737 1.15 360 680
VT-301 ~30 3463 1320 2026 1.5 840 1650
VT-302 ~60 3943 1461 2026 3 1350 2850
VT-303 ~90 4198 1771 2026 4.45 1750 3900
※処理量は生物処理余剰汚泥TS0.4%を対象とした、高分子凝集剤添加による濃縮濃度4%時の標準値です。
※上記記載処理量は目安値です。汚泥性状によって異なりますので、機種選定の際には当社までお問い合わせ下さい。

日本全国・海外も対応いたします!汚泥処理、排水処理に
関することなら何でもお気軽にご相談・お問い合わせください。

機械製品
に関するお問い合わせ

  • 汚泥脱水機/濃縮機
  • 汚泥乾燥機/汚泥脱水発酵システム
  • 水処理薬品
  • その他の製品

お電話でのお問い合わせ

045-540-8581

[受付時間]平日9:00~17:00

機械製品の操作・修理・故障
に関するお問い合わせ

  • 汚泥脱水機/濃縮機
  • 汚泥乾燥機/汚泥脱水発酵システム
  • 水処理薬品
  • その他の製品

お電話でのお問い合わせ

045-540-8582

[受付時間]平日9:00~17:00

「ヴァルート」及び「VOLUTE」はアムコン株式会社の登録商標です。
上へ