設備の適切な維持管理は、まず清掃から

雑排水管清掃

排水管は、台所排水に含まれる油分や食品残さ、浴室排水や洗濯排水に含まれる毛髪や糸くず等が、徐々に管内に付着堆積していきます。これらを取り除くための定期的な清掃を怠ると、詰まりによる排水不良が発生しやすくなり、排水逆流による漏水事故に発展しかねません。管路を正常に維持するために、年1回の雑排水管清掃をお勧めします。

雑排水管清掃

雑排水管清掃のポイント!

雑排水管清掃のポイント!

排水管清掃の際「排水口から嫌な臭いがする」と言うご相談を多く頂きます。家庭の排水口には必ずトラップが設けられており、このトラップが、悪臭を遮断したり排水管から害虫を侵入させない、という役割を担っています。トラップは水を溜めて封水する構造のため、排水口から臭いがする場合は、この水が無くなっている場合が殆どです。嫌な臭いがする場合、まずこの点を確認してください。

飲料水貯水槽清掃

建物に飲料水を供給するための貯水槽は、高い衛生環境を保つ必要があります。そのため水道法では有効容量10m3以上の貯水槽は年1回以上の清掃が義務付けられています。しかし有効容量10m3未満の小規模貯水槽は水道法の清掃義務対象外となっており、自主的な清掃と管理が必要です。衛生的な飲料水確保のためには、有効容量に関係なく定期的な清掃を強くお勧め致します。

飲料水貯水槽清掃

飲料水貯水槽清掃のポイント!

飲料水貯水槽清掃のポイント!

当社の飲料水貯水槽清掃は、水槽内の清掃はもちろん、水槽外にも気を配って清掃を実施します。併せてポンプや付帯設備の点検も実施し、断水事故などの最悪のトラブルを未然に防ぐように努めています。また自社に水質検査部門があるので、清掃後の水質検査もスピーディに実施、検査結果へのご質問にも水質検査のプロが対応します。
水質検査についてはこちら

排水槽清掃(汚水、雑排水槽など)

排水槽は汚水を貯留するための槽で、定期的な清掃が非常に重要です。清掃を怠ると悪臭や害虫発生の原因となるばかりか、槽内に設置されている付帯設備(センサー・ポンプ等)の誤作動や故障の原因となります。排水槽を衛生的に保ち、付帯設備を正常な状態で稼働させるためには、年2回以上の槽内清掃をお勧めします。

排水槽清掃(汚水、雑排水槽など)

排水槽清掃のポイント!

排水槽清掃のポイント!

排水槽は建物地下にある飲食店の下層に設けられていることが多くあり、槽からの悪臭や害虫の発生は、飲食店の営業に大きな支障をきたします。また、ポンプ等の排水装置の故障により槽から汚水が店内に流出するような最悪の事故も想定されます。このようなトラブルを未然に防ぐためにも排水槽の清掃は3ヶ月に一度程度実施することをお勧めします。

マンション・ビル給排水設備に関することなら
何でもお気軽にご相談・お問い合わせください。

マンション・ビル給排水設備に関するお問い合わせ

  • 各種設備点検
  • 排水管清掃
  • 給排水設備改修工事
  • 飲料水貯水槽清掃
  • 24時間保守メンテナンス
  • 各種排水槽清掃

お電話でのお問い合わせ

045-540-8584

[受付時間]平日9:00~17:00

対応エリア

東京都、神奈川県

上記対応エリア外はお問い合わせください。

上へ